不動産評価に対しての掛け目 初めてのカードローン

カードローン比較審査銀行

カードローン低金利 > ローン知識3 > 不動産評価の掛け目

不動産担保は7掛けで評価



不動産の評価が出た際、
その評価に対して全てを貸し付ける事はしません。


不動産担保は7掛けで評価

国民生活金融公庫でも、多額の資金を借りる際には担保が必要となります。
不動産は7掛けで評価されるという点です。例えば、1億円の不動産は担保としては7千万円の借入れができます。
担保価値を評価することを掛け目といいます。担保に入れる不動産は値下がりするリスクがありますので、国民生活金融公庫も100%で評価せず、あらかじめ余裕をみておく意味で掛け目を70%としています。


担保評価で出した評価を基にある割合を掛けて融資の上限を決定します。そしてその掛目ををかけて出した評価を担保余力と言います。現在の銀行はその掛目を120%としたり、100%としたり様々ですが、金融の場合、金利も高い事からこのような高い掛目を設定していたのでは、回収が出来ない事や将来に向けての不動産の状況、又は様々な理由から60%〜70%を上限とするところが多いようです。


掛目を使った計算例(抵当権がない場合)

不動産評価が2,000万円で金融会社の掛目が70%の場合
2,000万円×70%=1,400万円
この2,000万円の不動産に対しては上限1,400万円まで融資が可能という事になります。


掛目を使った計算例(抵当権の場合)

不動産の評価が2,000万円で金融会社の掛目が70%、抵当権の設定が800万円でその残高が400万円ある場合
2,000万円×70%−400万円=1,000万円
この場合900万円が融資の上限とされます。


掛目を使った計算例(根抵当権の場合)

根抵当権とは、融資枠に応じた抵当権を物件に設定すること。
たとえば、500万円の融資を行う場合でも、1000万円までの融資枠を設けて、その枠に応じた根抵当権を不動産などに設定するというようなことを行う。債務者は、その資金枠目いっぱいまで追加融資を受けることができる。

根抵当権が先順位に設定されている場合は、抵当権と違って、残高では計算せずに極度額にて計算をします。
ただし、その根抵当権の残高が確定されている場合にはこの限りではありません。

不動産の評価が2,000万円で金融会社の掛目が70%、根抵当権の設定が1,000万円でその残高が500万円ある場合
2,000万円×70%−1,000万円=400万円
このように同じ設定額でも抵当権と根抵当権では融資の出来る金額の差が出てしまいます。



担保として不向きな物件
住宅買い替え不動産担保



 

(C)copyright カードローン低金利 all right reserved 運営・免責事項