不動産担保の場合不動産調査

カードローン比較審査銀行

カードローン低金利 > ローン知識3 > 不動産の調査

不動産の調査



不動産はどのように調査するのでしょうか?


金融会社は申込み後にその担保となる不動産の調査を開始します。ほとんどの場合、まずその不動産のある所在地に行き実際にその不動産を確認します。


表札の確認
表札を確認する事によって居住者を確認する事が出来ます。
申込者本人が住んでいるといっていたはずが、表札そのものが違う名前になっていたりする場合もあります。


生活
電気メーター、水道メーター、ガスメーター等
洗濯物は干しているか、自転車はあるか、庭の手入れはされているか等


建物の確認
特に気をつけたいのが未登記部分の有無です。
また建物の傾きが無いか、日当たりや老朽具合を確認します。


土地の確認
道路との高低差や土地の沈下などを見ます。
境界石の確認

土地と道路の関係
道路の幅員(道路幅)が4m以上で尚且つその道路(公道)に2m以上接している事。


周辺の環境
騒音・娯楽施設の有無・学校や公共施設など
交通の利便性も評価の対象になります。


担保として不向きな物件
住宅買い替え不動産担保


 

(C)copyright カードローン低金利 all right reserved 運営・免責事項