利息を天引きされた場合

カードローン比較審査銀行

カードローン低金利 > ローン知識3 > 利息を天引きされた場合

利息分を天引きされる



利息の天引きで借りる額より少ない金額で渡された場合


利息の天引きとは、消費貸借契約の際に、元本額について利息を計算し、その利息をあらかじめ元本額から控除することをいいます。利息制限法は、債権者が実際に受領した額を基礎として同法の制限利率で利息率を計算し、天引額がこれを超える部分について、元本の支払いに充てたものとみなしています。

礼金・調査料などの名目で天引きされた金額も利息として、天引きされたものとして考えます。利息が天引きされた場合であっても、制限利率を超えない場合であれば、期日に借りる額を返還することになります。


約定元本50万円を1年間借りる場合

年利2割で10万円天引きされて40万円を受け取った場合、制限利率は年1割8分ですから、現実の受領額である40万円を基礎として、制限利率1割8分で計算した7万2000円(40×0.18)です。

これを超える2万8000円が元本充当されます。したがって期日には47万2000円(50万円−2万8000円)を返済すればよいことになります。利息計算の基礎となる額はあくまで受け取った金額で、名目・約定の元本ではありません。

よって、約定元本である50万円の1割8分の9万円と、天引きされた10万円との差額である1万円だけが元本に充当され、期日には50−1=49万円を返済するのではありません。

利息は天引きという形で前払いをしているので、期日に支払いができない場合は、残存元本47万2000円に対して遅延損害金がそう生ずるのであって、40万円に対してではありません。


約定元本100万円を1年間借りる場合

年利2割で20万円天引きされた場合、現実の受領額80万円を基礎としますが、制限利率は年1割8分(元本年10万以上100万未満)か年1割5分(元本100万以上)。当初の約定元本は100万円であり、天引き額の一部が元本に充当された結果100万円未満になっただけに過ぎないので、当初の約定元本の制限利率となり遅延損害金ついても同様に考えられます。


50万円を受け取った後、すぐに利息として10万円を支払った場合は、利息が天引きとされたのと同じことですから、同様に期日において47万2000円を返済すればよいのです。


 
(C)copyright カードローン低金利 all right reserved 運営・免責事項