担保として不向きな物件

カードローン比較審査銀行

カードローン低金利 > ローン知識2 > 担保として不向きな物件

担保になる物件があるだけ幸せ・・



担保になる物件にも向き不向きがあるの?


事業を起こす人などは、資金を調達するのに担保は必要となる場合が多いです。

私たちの生活の中でも、マンションのローンを払っている間は、そのマンションはローン会社(金融会社)のものなのです。つまり、そのマンションは自分の”資産”ではなく、”負債=借金”ということになります。

要するにマンションを担保にお金を借りて、金融会社に払いながら住んでいます。


下記は物件に関連する項目です


借地権

借地権とは、借りている土地なので、担保としては成り立ちません。借地権の土地に本人の所有する建物があったとしても、その建物を担保としては難しいかもしれません。



共有名義

共有名義の土地建物を担保にする場合には、他の共有者の協力が必要です。
持分のみの設定となると、土地や建物の所有している部分の位置関係がはっきりしない事から、担保権の実行になった場合には紛争(裁判)に発展する事があります。
この位置関係というのは、土地・建物に「ここから、ここまで私の持分」と線が引いてある訳ではありません。
当然そんな土地や建物は見た事がありませんし、無いと思います。
そういった事から、数字上では持分が2分の1だったり、3分の1だったりとはっきりしていますが、実際には「どこからどこまで」と測れないのです。
ですから共有名義の場合には、他の共有者に担保提供をしてもらったり、連帯保証人になってもらう必要があります。



袋地

建物を建築するのに必要な道路に設置していない土地の事を袋地または無道路地と言います。
建物を建築するには最低限の決まりがあり、「4m.以上の道路に2m.接している事」という内容です。
袋地の場合は道路に接していない為、ここでいう「4m.以上の道路に・・・」は接地していないので建物は建てられません。
建物を建てられないということは全くもって価値がないという事に評価されますので担保としては難しいです。



市街化調整区域

市街化調整区域は市街化を抑制する区域として指定されていて、出来るだけ建物を建てない区域となっています。
既得権付きの土地であれば良いのですが、その時点で建物が建てられない土地となっている場合には担保としての評価は難しいです。



田畑などの農地

これは農地法の適用を受けるだけでなく、売買は難しく担保としては不向きです。



神社、寺院、墓地

神社や寺院でも実際は担保に出来ますが、万が一に処分をしなければならなくなった場合は宗教上の問題からも難しいと思います。ただ宗教法人は税免除や墓地区画販売など色々とおいしいので飛びつく場合もある。



所有権に仮登記

所有権に実行力のある仮登記が設定されている場合には現所有者から第三者に名義が変わる恐れがある他、その実行力のある仮登記の後に設定された権利は無効をなってしまいます。



差押登記

差押登記のある物件は担保としては難しいです。



高圧線下

地図上では判断しにくい高圧線下の物件ですが、地役権が設定してあれば直ぐにわかると思います。
特に担保として不向きとは言えませんが、評価は6割から多くて7割程度に下げて計算します。



傾斜地

全ての土地が傾斜している場合は担保としては不向きです。
しかし、傾斜地と言ってもフラットな部分(平らな部分)がある場合、総面積から傾斜地部分を引いた、フラットな部分だけ評価される傾向にあります。



 
(C)copyright カードローン低金利 all right reserved 運営・免責事項