クレジットカードは担保になるの?

カードローン比較審査銀行

カードローン低金利HOME > クレジットカードは担保になる?

クレジットカードは担保?



クレジットカードは担保になるの?

担保として、クレジットカードを預けることは許されるでしょうか。

結論から言えば、貸し付けに際して債務者から担保としてクレジットカードを預かることは許されません。


クレジットカードは、信用販売や金銭借入れの手段として使用されるカードです。カード会社と契約をして会員となり、クレジットカードの交付を受けた者は、カード会社との契約により加盟店となった者の店舗において、現金を支払わなくてもクレジットカードを提示して所定の文書に署名するだけで、商品の購入したり、サービスの提供を受けたりすることができます。


他にもキャッシングやローン機能のついたクレジットカードであれば、カードを使って、キャッシュディスペンサーから金銭を借り入れることも可能になります。


クレジットカードを担保として預かるのは、いったいどのような意味があるのでしょうか?


担保とは、債務が履行されなかった場合、担保として差し入れられた目的物によって履行を確保するための手段であり、貸金の担保としては、不動産や価値のある動産、有価証券などが、差し入れられることがよく行われます。


そして、貸金が約束通り返済されない場合、これらの担保目的物を処分して、この代金から返済を受けることになるのです。


では、クレジットカードは?

動産ではないですよね、単なるプラスチックにすぎません


要するに

クレジットカードを担保として預かるということは、

クレジットカード自体を処分するのではなく、クレジットカード自体の機能を使って、貸金の返済をさせようとする点に意味があります。

クレジットカードを使って物品を購入させ、これによって代物弁済を受けたり、購入した物品を売却しこの代金によって返済させたり、あるいは、カードを使ってキャッシングローンによって金銭を取得してこれによって返済させたりする点に意味があります。


しかしこのような形で返済を行うと、多くの弊害が生じます。


このような形での返済は、結局は貸付金をカード会社に肩代わりさせることになり、返済の実態は発生しません


多数の債権者の中で、このような手段をとった貸金業者だけが突出してアンバランスに弁済を受けることになり、債務者が破産した場合には、債権者平等の原則に反します


また、貸金業者がクレジットカードの機能を使って、金銭を取得しこれによって弁済を受けると利息制限法を超過する利息まで取得する危険が生じます。


さらに貸付金が30万であるのに、100万の与信枠があるクレジットカード(例えばゴールドカードなど)のように、貸付金の金額に対してクレジットカードの利用限度額が大きい場合を担保とした場合


仮にクレジットカードの機能を担保として、使用することが認められたとしても、借主がカード会社から得た与信枠を不当に制約することになり、カードの機能を使えば、貸付金に比して過大な金銭を引き出すことが可能になります。


このように
クレジットカードの使用による弁済や、クレジットカードを担保として預かると多くの弊害が生じることから、金融庁の事務ガイドラインで、禁じられていました。



クレジットカードを担保として預かる行為は、13条2項の不正・不当な行為に該当するおそれが大きいことに留意する必要があるものとされました。



 
(C)copyright カードローン低金利 all right reserved 運営・免責事項