ヤミ金

カードローン比較審査銀行

カードローン > 闇金(ヤミ金)とは

ローン/キャッシング基礎
初めての方
キャッシングの流れ
大手金融会社の現状
返済の仕方
利息の計算方法
闇金(ヤミ金)とは
個人情報
金融に関する法律
信用情報機関リンク集
ローン/キャッシングQ&A

カードローンガール
目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
マネー
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番

ヤミ金とは


闇金の見抜き方

一般に闇金といわれるところ(紹介屋や整理屋なども含む)の広告というのは、よく見ればすぐに分かります。

基本的には多重債務者を狙っているので、とにかく甘い言葉が多いです。

よくよく後で考えるとそんなことありえない!なんて思いますが、とにかく現金が必要な人にとっては、もしかしたら,本当に借りれるかもしれないと思い、冷静さを欠いて被害にあってしまう人が多いようです。

下記のような広告は要注意です。

人間性を重視!コンピューター審査なし!無職でもOK!半年間無利息融資!本日即決800万!実質年率2.8%、他者件数15件までOK!ブラックリストの方でも融資可能!必ず融資します!他社で断られた方も歓迎!多重債務者も大歓迎!などなど、通常ではちょっと考えられないような甘い言葉が広告誌面を踊っています。

金融業を営むには最低条件として、お店のある都道府県または財務局の登録認可が必要です。この登録がない業者は違法業者=ヤミ金です。
必ず広告面に 「都(3)000****号」 もしくは 「関東財務局長(3)00****号」 といった登録番号の表記があるかご確認ください。
「都」「関東財務局長」の部分は都道府県・財務局の管轄により変更になります。
「都」「関東財務局長」のあとの括弧の数字は営業年数を示しています。三年ごとの更新
となっていて、現在は(10)が一番古い業者です。ヤミ金は商号を登録しなおしたり、すぐに閉鎖してしまうのがほとんどですので「(1)」の可能性が極めて高くなっています。
括弧のあとの数字は登録順に連番が割り当てられます。廃業した業者は永久に欠番となる為、番号は同じで以前と業者が違う事は名称変更しない限りありません。
(1)の業者の9割はヤミ金ですので、利用の際は商品内容・取引内容・契約内容に十分お気をつけください。
しかもこれは賃金業として登録すれば比較的簡単に取得できます。もちろん闇金と言われるところもそのほとんどは取得して営業?しているわけです。

登録業者はこちらでこちらで調べることができます
登録貸金業者情報検索入力ページ >>>


高利貸しの街金
通常法人を相手に営業し、手形・小切手等を担保に50万円〜300万円程度の貸付をして、10日間に1割〜3割の利息を取ります。

俗に言う、トイチ・トニ・トサン業者です。

トイチの場合でも100万円借りれば、10日で利息は10万円。

なにもしなくても1日1万円が利息として消えてしまいます。

支払いが困難になった場合や、返済が不能となった場合の取立ては非常に厳しく、映画「ミナミの○○ 」の世界に近いものがあるかもしれませんので、注意が必要です。

時には刑事事件に発展する事もあり、債務者当人が対処するのは難しい。

紹介屋とは?
紹介屋とは、広告などで「必ず融資します」「コンピューター審査なし」「700万まで即融資」などの甘い宣伝文句で客を集め、借り入れ件数や借り入れ金額などを自己申告させて、形だけの審査を行ないます。この時にはもちろん名前、生年月日、住所や勤務先なども聞かれます。

そして「自分のところでは、融資することができない。」と断り、「ただ、お金を貸してくれる業者を紹介してあげる。」と他の金融業者を紹介します。客が融資を受けた額のうち20〜50%の金額を紹介手数料として振り込むように言われます。

もちろんこれは違法行為ですので、紹介されたところで融資を受けたとしても実際に振り込む必要は全くありません。しかし、申し込んだ人は自分の個人情報をすでに申告してしまっているので、家や職場に電話などされると困るので仕方なくいいなりになってしまうのが、実情である。

紹介屋に融資を申し込む客は、既に複数の金融業者からの多額の借金がある多重債務者が多く、他社で貸付を断られている場合もあり、紹介屋の口利きがあったから融資を受けることができたのだと思い込み、紹介手数料を支払ってしまいます。

しかし実際には紹介屋はなにもしておらず、ただ審査の甘いところなどを何件か教えるだけの話です。

対処法としては、怪しいと思った広告には絶対電話しないことです。

・必ず融資します←通常の業者ならこれはありえないです。
・本日限度額1000万お振込み可能←電話だけで即日大金を振込んでくれるほど世の中甘くありません。
・金利1%〜金利5%←普通の業者ならこんな安い金利はありえません。銀行ローンでも15%。
・コンピューター審査なし←これもありえません。必ず審査致します。

多重債務に陥り、どこも貸してくれないとなると、つい電話してしまうので、あくまで冷静に判断する事。

また、すでに紹介屋の被害にあった人や現在請求されている人などは一度弁護士などに相談されるのが良いでしょう。相手も違法と分かってやっているので、弁護士が出てくるとあっさり引き下がる場合もあるようです。

整理屋と悪徳弁護士
整理屋とは、甘い言葉の広告チラシなどで多重債務者を集めます。そして多重債務者に「借金を一本にまとめて整理してあげます。」等言って、 債務整理に介入し利益を得る業者です。そして、これらの紹介屋、整理屋と提携して、 彼らに自己の名義貸しをしている弁護士が「提携弁護士」と呼ばれています。
被害の典型例をご紹介しましょう。まず、ます「即日融資」「スピード融資」などの甘い言葉で多重債務者を集めます。そして多重債務者が相談に訪れると「あなたの収入では無理だから、いい法律事務所を紹介します。」と提携弁護士の法律事務所を紹介します。

そして紹介された法律事務所では、弁護士ではなく「事務長」などの肩書きをもった整理屋が応対に出て、「毎月10万円ずつ、ボーナス時には50万円を振り込んで下さい。こちらから業者に返済します。」などとお金の要求がされるのです。ところが、多重債務者がその要求どおりに毎月お金を振り込んでも、そのうちのほとんどは整理屋等が取得してしまい、債務の支払いにはそのごく一部しか充てられないのです。

結局、多重債務者は、お金を支払うばかりで、債務の総額は一向に減っていかないことになります。

このような行為は、弁護士法等に違反する違法なものです。
世の中は弁護士というと社会的に信用のある人というイメージがありますが、必ずしも弁護士イコール善人とは限りません。弁護士という資格を悪用している人たちもいますので、くれぐれも弁護士だからといって誰でも信用してしまわないように注意することが必要です。


何事にも注意が必要となります。

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項