ファンド全体の騰落率

カードローン低金利
カードローン > マネー > 全体的な株価下落

全体的な株価下落

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


ファンド全体の騰落率

ファンド全体の騰落率は落ち込みに入りました。

全体的な株価下落です。

アメリカのサブプライム問題に端を発する世界的な景気鈍化、企業デフォルト(債務不履行)が増えるとの観測が広がり、世界的に株式は大きく下落を続けております。

株も軟調推移しており、軟調な相場状況が続き、場合によっては思わぬ急落があるかもしれません。

テト明けまではどうしてもドンが不足気味になりがちで、外資ファンドが十分にドンを調達出来ないといった懸念があるほか、ベトナム株式市場に相場に影響を与える中国やアジアの周辺諸国でも、旧正月前の現金化による精算売りが、この軟調な地合では続く可能性が高い。

組み入れ保有トップだけは逆に大きく値を上げている状況で、ファンドのパフォーマンス維持に大きく貢献。ベトナムの資金の流れは株式市場から不動産に流れている節があり、その一環で優良な不動産株が買われています。相場が回復したときの株価上昇が本当に楽しみな銘柄で、ファンドの為替修正前の騰落率は+13.13%ですので、市場全体を大きくアウトパフォームしている。

円高が原因です。

世界的な株価下落が進む中でキャリートレードの解消が起こり、円はドルに対して大きく円高に触れています。これがこのまま、1ドル=80円といった、かつてのような超円高に急激に進展するとは考えにくいですが、しばらくはジリジリと円高傾向が続くことになる可能性が高いので、株安と円高で軟調な推移。

インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク



(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項