金融市場相場

カードローン低金利
カードローン > マネー > 相場見通しと今後の運用

相場見通しと今後の運用

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


アメリカの株式市場を取り巻く環境は厳しい環境が続いている。

指数の騰落率が為替修正前で−10%、為替修正後で−30%を超える厳しい相場状況

アメリカの株式市場を取り巻く環境は厳しい環境が続いている。政府から株式市場支援策が出ました。しかし、その反発も数日で終了、その後再度相場は下落基調。

株価は抵抗線と見られていた380ポイントを割込み、下げ渋ってはいるものの、その下の大きな支持線は230ポイント前後にあると考えられており、大きな下値を見る可能性もあります。

ファンダメンタル的にインフレ懸念が大変高く、インフレ防止で中央銀行の引き締め策によって企業業績の収縮が懸念されている。

世界的な株安の影響によって、下がっているにも関わらず、外国人の大半は買い越しを続けている。よって、売っているのはアメリカ国内の投資家と見受けられ、心理的な部分によって相場を大きく左右している状況。

月次レベルでは企業の好業績も発表されており、株価下落が続いており、株価水準にはかなり割安感があるが、要因は全く株価に反映しない状況が続いている。

心理的な面での回復は一度底打ち後、しばらく調整期間が必要である、ファンダメンタルズ的なことを考えると、

金融引き締め→企業業績の悪化→金融引き締めの緩和

というプロセスを待たなくては本格的な底入れには至らないのではないかと思われ、直近では急激な回復は、期待しにくい。

金融引き締めによって、じわじわと企業業績に影響が発生しており、また世界的な株価下落によって、急激に上昇していた商品価格も、ようやく反落傾向を示している

100ドルを超える原油価格も、反落の色を見せ始め、例えば60ドルぐらいまでの急落で、その後も横ばいで推移ということになれば、前年比ベースで石油価格は逆に下落になり、インフレの波も少しは収まるかもしれない。

ただ、かなりの株価下落であるため、底入れから本格回復までに充分に時間がかかり、しばらくは我慢の時期が続く。また、為替が100円を超える極端な円高に振れており、ファンドのパフォーマンスに悪影響を及ぼしている。


インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク



(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項