返済が遅れると住宅ローンに影響

カードローン > マネー > 住宅ローンに影響

クレジットカードの返済をつい忘れがちに

カードローン低金利を借りる時のコツ

住宅ローン融資がおりなければ・・

1度だけクレジットカードの支払いが遅れたのが原因で、住宅ローンの審査が通らなかった。
属性としては、一部上場・年収は600万・借金なし

属性としては特に支障になるような条件はなく問題ないが、クレジットカードの分割払いだとしても、割賦(かっぷ)という、物品などを何回かにわけて分割で支払う借金。

たとえ少額だとしても支払いが遅れたりすると、審査のうえで考慮されるポイントになってしまう事があります。

個人の信用情報を管理している機関がありCICといった信用情報機関があります。

特徴としては、3回連続して延滞した経験があったり、長期間滞ったりしますと、俗にブラックリスト(事故情報)として登録されるケースが多くことが多いです。

よって、ブラックリスト(事故情報)の履歴がまだ残っている方は住宅ローンの審査にまず通らないといってもいいでしょう。

また事故情報は5年間保存されますので、最低でも5年間は住宅ローンのみならず、全てのローンを組めない可能性が高いです。現金での購入しかありません

金融機関によっては、信用情報による情報に対して、どこを基準にして融資判断をするかは多種多様です、事故情報という経緯がなくても、最近の傾向でクレジットカードの支払いなどで延滞の記録があるとなると、融資する側にとっては印象は悪くなります。

他の金融機関に預金が十分にあって、たまたまクレジットカードの引き落としの口座に、まだ引き落とせる分のお金があると思っていたところ、あと3000円ほど足りなくて引き落としができなかった、なんていう“うっかりミス”というケースもあります。

こういった場合でも、過去において経験があるのであれば、住宅ローンを申し込む際に、前もって延滞履歴があることをお話しましょう。

延滞した理由など、他に預金があればそれを説明できる通帳などを見せるのもいいです。必ず今日の日付の記帳をしますといいです。

金融機関の融資担当の方に説明することで、印象は違ってきますし、過去のことを忘れている場合は、自分の信用情報は信用情報会社に開示要求をすることで、自分で調べることができますので、自分の延滞履歴などを参照することができますので、心配な方は事前に調べておくといいでしょう。

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項