相続税の課税

カードローン > マネー > 相続税の課税

相続税の課税のしくみ 現金一括納付

カードローン低金利を借りる時のコツ

相続税の課税のしくみ


相続とは本来、亡きご親族からの大切な贈り物です。しかし、現実には穏やかでない印象があります。財産移転をトラブルにしないよう、まずはその税金の仕組みを把握しておくことが大事です。

相続税、そして相続税の補完税にあたる贈与税に共通する重要なポイントは自己申告になります。

また、財産の大半をお金ではなく土地で所有するケースが多い中、現金一括納付が基本で
あることです。よってお金が必要になってくるわけです。税金を払うために即日融資でお金を借りなければいけないなんて事にもなりかねません

日本での相続税は、相続額が上がるにつれ適用の税率も上がるしくみ
「超過累進課税方式」を採用しています。自分の所得にどの税率が適用されるのか。

言葉を言いかえると、相続額をいくら減らせば、どれだけの課税が軽減されるかという判断基準であり、特に知識と計算が求められるところです。

相続においては、納める分も踏まえた認識が不可欠です。

基礎控除(5000万円+(1000万円×法定相続人数)算出される額を控除)
など非課税の特例もあるほか、相続対象となる自分がどの相続順位(法定相続人になる資格があるのは配偶者と血族(親戚縁者)血族は直系卑属である子供を筆頭にして法定相続人に該当する順番が決まっている。)にあたるかも課税額に関係します。


相続税の申告は、原則として10カ月以内。

被相続人の住所地の税務署で申告と納税を行います。

将来を想定して、流動資産・固定資産・負債をまとめた財産管理簿の作成をおおそれた感じにはしないで、簡単なメモにしておき、常時書き加えていく感じにするといいでしょう。

また遺言を残したい場合には
「自筆証書遺言」と専門家に依頼する「公正証書遺言」があります。

自筆なら、書き直すことも容易ですが、どこに保存してるのかわからないケースもあり、死亡後に発見されないリスクがあります。

加えて、書き方によっては、自筆の場合、法律的に要件を欠いてしまい無効となり得るリスクがないとはかぎりません。

その点、公正証書遺言は正確な文書で、安全な保管方法をしてくれます
リスクとしては費用はかかります。

付言と言いまして、法的には効果を伴いませんが、配分を決めた理由などを感謝を交えて書に付すことで、より円滑な相続を図る効果をもっています。

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項