不動産の査定金額

カードローン > マネー > 査定金額

査定金額が違う訳

カードローン低金利を借りる時のコツ
分譲マンション販売が一昨年に続き低調です。要因はリーマンショック後の買い控えや原材料高を反映してマンション業者は最近、新規物件を抑えて在庫の圧縮を優先してきた事です。

在庫の圧縮が進んだことで、今年の新規発売に向けたマンション開発の動きは活発化しております。30代独身女性の6割以上がマンション購入に関心があり、30代の独身女性300人を対象とした結果、既に23人は住宅を購入済みで、未購入者のうち「関心があり情報収集している、関心はあるが情報収集はこれからなど関心があると答えた割合は61%に上っています。

また、購入したい年齢の平均は39歳で、働き盛りの30代が住宅購入のタイミンクと考える独身女性が、過半数を大きく超える結果となっています。

査定金額が不動産会社によって違う訳

不動産売却に関するノウハウ本などをみると「不動産を売却する時に複数の業者に物件を査定してもらうこと」と書いてあります。しかし、『一番高く査定してくれた業者に依頼しろ」ではなく、「もっとも信頼できそうな業者に依頼しましょう」と書いてあるのはなぜだか分かりますか?

査定額だけで業者を比較すると、失敗する可能性が高いからです。

一番高い査定をした会社が高く売ってくれるわけではありません。

査定書も作らず、路線価や現在販売中の物件を調べたところ、これ位が相場ですね。

こんな適当な査定も意外に多いのです。

そしてこのような査定だと、個々の営業マンの個人的な好き嫌いの嗜好や性格によっても査定金額は変わってきてしまいます。

例えばこれでも売れるだろうと思う楽観主義者は査定金額を高く出してきますし、にれで売れるのかなと思う悲観主義者は査定金額を低く出してきます。

しかし、このような個人の感覚だけの客観性を欠いた査定が全て悪いと言っているわけではありません。長年の経験で培ったプロの感覚というのは、なにも不動産取引に限った事ではありませんが、決して軽視できないものです。

けれども、それだけに額った査定は正確性に欠くことが多いというのも、また事実です。

また、一番高い査定を出しておけば媒介依頼が取りやすいと考えて、とりあえず高く報告してみたり逆に相場より随分と安く報告すると売りやすいことから報告するなど、会社や個人によって査定の考え方も様々というのが不動産査定の実情です。

じやあ、一体何を信じればいいの?ことになりますが大切なのは査定金額の高い安いだけに一喜一憂せずに「その査定の根拠と信憑性で判断すること」です。

また、査定報告を通じて、その会社や担当者の不動産も対する取り組み方や姿勢が見えてくるはずです。耳に痛い話や嫌な話でも、きちんと分かりやすく説得力をもって伝えてくれるかどうか。それを見極めることで、担当者の買主様への販売営業力もきっと垣間見えてくるはずでしょう。



(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項