定期預金の強み

カードローン > マネー > 定期預金の金利
カードローン低金利を借りる時のコツ

定期預金 ネットの利便性と電話の安心感


欧米の金融危機に端を発した経済の混乱により先行き不透明な状況が続き、安全性の高い金融商品として見直されている定期預金。インターネットや通販で取引できる定期預金は対面取引の銀行の商品より金利が高く、安全かつ少しでも有利に資産を運用したいと考える傾向。


対面取引の銀行の安心感とネット銀行の利便性の双方のメリットを提供する銀行もある。オリックス信託銀行もそのひとつ。預金を取り扱う店舗を持たないが、インターネットを使った取引、電話による通販形態の取引の二種類の定期預金を提供する。前者は「eダイレクト預金」、後者は「ダイレクト預金」と名づけられる。

ほかのネット銀行の商品同様、通帳や証書は発行されないのに対し、「ダイレクト預金」は電話でオペレーターの説明が受けられ、定期預金証書も発行される。

金利は「eダイレクト預金」のほうが若干高いが、「ダイレクト預金」でも対面取引の銀行に比較
して基本的に高い金利を提供しています。全国どこからでも利用できるという利便性。高い金利は魅力だがネットが苦手という人にとっては、[ダイレクト預金」は利用しやすいといえます。

「eダイレクト預金」と「ダイレクト預金」のほかの預入期間の定期預金にも設定されている。最低預入金額は百万円以上からとなっており、ボーナスを機に今後を考えた資産運用のポートフォリオの一つとしてもいいでしょう。

金利の動向はその時々の経済の状況によって変動し、特に景気後退局面においてはどちらかといえば引き下げられる傾向にある。

日銀が、政策金利の誘導目標を引き下げたことにより銀行金利も引き下げられている。金利はそうした中にあって相対的に高い金利を維持。

□座開設の手続きが郵送のため十日間程度要します


(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項