住宅購入と老後準備

カードローン低金利
カードローン > マネー > 住宅購入と老後準備をどう両立

住宅購入と老後準備をどう両立

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


4000万のマンション購入

転勤族でマイホームというものが持てなかったのですが、転勤で故郷に戻ったのを機に4000万のマンション購入を決めましたが、年齢も50で、自己資金が2500万で1500万がローンで15年返済を考えているのですが、子供に恵まれず、夫婦しかおらず老後の資金が心配でもあります。50歳前後で住宅を購入する際には一定の資金を準備していることが多いので、その後のローンの返済方法と資産の運用のバランスをとるのに迷う傾向にあります。

実際にはローンの利率を上回る運用を行うよりも、返済を優先にさせた方が有利なケースが多く、特に固定期間優遇型の商品は一定期間が経過すると金利が跳ね上がってしまいますので定年を迎える時期に負担が増えるのは避けなければいけません。

マンション資金のほかに貯蓄が十分にあるのならば、頭金の額を増やして、残りのローンを短期間、5年か10年で払う方法がよいです。

月々の負担額が大きくなりますが、定年になるまでに払い終われますので5年の場合ですと資産運用にも回せますので工夫をすることで80歳過ぎた時点でも老後資金を準備できます。

頭金以外の資金はどのような運用が好ましいかといいますと、年齢的にもある程度のリスクをとり高めの収益を狙う運用は可能ですので、資金の半分で株式・債券の比率を高める形式で、国内外の株式や債券に分散して投資するバランス方投信をベースにしましょう。


インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク

スポンサードリンク




(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項