資産運用に特化

カードローン > マネー > 資産運用に特化し顧客メリットを追求
カードローン低金利を借りる時のコツ

資産運用に特化

ネット銀行のように店舗を持たない銀行は、通常、提携銀行やATMを通じて現金の出し入れを行うが、オリックス信託銀行ではほかの金融機関□座を通じて振り込みで資金をやり取りするという特徴を持つ。

ATMでの現金の引き出しや公共料金の□座振替などの決済機能を持たないことも、優遇金利が提供できる一つの要因であり、資産運用のための重要な要素のひとつ

比較的自由に出し入れできる家計管理の機能をあえて持たせないことで、生活資金ではなく将来のための余裕資金をじっくり資産形成する。

オリックス信託銀行の定期預金はそれに特化した金融商品。



ほかの銀行同様、預金保険の対象になっているので、万一のことがあっても定期預金や利息付きの普通預金等は、預金者一人当たり、一金融機関ごとに合算され、元本一千万円までと、その利息等は保護される。また同行は長期債格付けにおいて格付投資情報センターからスタンダード&プアーズから取得している。

定期預金種類は百万円以上二百万円未満、三百万円以上一千万円未満、一千万円以上の三段階に分かれ、預入金額および預入期間によって適用金利は異なります。

ボーナスの預け先として、ほかの金融商品からの預け換え、退職金の運用といった幅広い用途に応えられる。安全重視で冒険できない資金だが、できるだけ金利のメリットは欲しい


(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項