利息制限法

カードローン > マネー > 利息制限法
お金の相談

払い過ぎた利息がないかを確認


弁護士や司法書士のもとには、借金に悩んでいる方がたくさん訪れます。借金を返済するために、さらに借金を重ねるという悪循環に陥いり借金が減らないという方が多いようです。借金の相談を受けた弁護士や司法書士は、ます、払い過ぎた利息がないかを確認します。
大阪府大阪市
アヴァンス法務事務所 24時間メール受付中 [全国相談可能]
サラ金・クレジット・多重債務問題でお悩みの方、一人で悩まないでご相談下さい。任意整理に特化。

大阪府大阪市
リーガルパートナー [全国対応可能]
債務整理で借金返済を。任意整理、過払い金請求、自己破産、個人再生ならリーガルパートナーへ。

大阪府大阪市
市川司法書士事務所 [全国相談可能]
借金無料相談全国対応、借金問題の89%は相談で解決できます。過払い金返還請求で払いすぎたお金を取り戻したい方もお気軽にご相談を。

東京都渋谷区
ジャパンネット法務事務所 [全国対応可能]
多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の法務事務所。債務整理・借金対策を行います。

消費者金融やクレジットカードでの借金を、5年以上に渡り返済を続けている方は、すでに借金を完済している、もしくは払い過ぎた金額が戻ってくる可能性があります。なぜこのような事態が発生してしまうのでしょうか。借金の借入と返済には、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係していよす。利息制限法では、最高29.2%の上限利率が定められ、これを越えた利息を返済しても、法律上は無効となりますので、返してもらえます。

他方、出資法では、最高29.2%の上限利率が定められ、これを超えた利息を設定すると、刑事罰が科せられます。そうすると、20%以上29.2%以下の金利だと、利息制限法では払う必要はない利息を払っているので、本来返してもらえることになりますが、業者は処罰されない、ということになります。業者は、借主が利息制限法に従って「無効であるから返してぼしい」と主張しない限り、この利息制限法に違反し受け取れないはすの金利をとり続けてきたのです。このような利息制限法違反の払い過ぎた金利を過払い金といいます。

なお、このような利息制限法と出資法の予言は法律改正により、解消されます。これまでに借金をしていた方は、過払い金を一度調べることをおすすめします。返済の金額と期間によっては、数百万円が戻ってくる場台もあります。戻ってこなかったとしても、現在の借金が減額されたり、無くなることもあります。過払金を保有していることは、違法なことですから、回収することは、当然の権利なのです。

借金をした最初のきっかけは様々ですが、女性の場合、生活費のためが一番多い理由のようです。「内職商法]に騙された方もその理由と同じだと思います。

内職商法とは、内職をして一定の収入が得られると勧誘し、そのために必要なものとして高額商品を購入させられるものです。その後、仕事が来ることはなく、高額商品に対する借金だけが残ってしまいます。生活費を考える主婦が謳されやすい商法ですが、中には旦那は知らない借金の場合があるので大変です。

旦那様の給料だけでは生活ができない、給料が足りないと言えなかったので内職のために借金をした、というのが理由です。

しかし、返済が既に難しい状態にある方がほとんどです。

借金の整理には、だんな様の給与明細や源泉徴収表が必要になるので、バレないように手続きするのは、中々難かしいものです。

それに、給料の問題が関係しているのであれば、お二人で話し合わない限り、根本的な解決には繋がりません。

秘密の借金かおる方は、過払い金の回収をきっかけに家族に相談してみてはいかがでしょうか?

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項