金利低下、見極め難しく

カードローン > マネー > 金利低下
カードローン低金利を借りる時のコツ

金利低下、見極め難しく

外貨預金は円に比べて金利が高いことが魅力ですが、これは為替相場が安定もしくは円安方向に動いているときの話。

最近ではどの通貨でも金利が下がっていることに加え、為替相場の変動幅も大きい。その一方で高い手数料は変わっておらず、いまは外貨預金を始めるには難しい。


保有する資産の構成上、外貨を一部組み入れておくという考え方はある。為替差益を狙うのならば購入・解約のタイミングが柔軟に選べる外貨MMFや外債の方がいいかもしれません。

余剰資金での運用が基本
投資経験のない人にすれば、証券会社の口座開設が必要な外貨MMFなどよりは外貨預金の方が始めやすい。

ただ円高などの際には円にしないで外貨のままで保有した方が良い可能性も出てくる。余裕資金を充当するのが無難です。

利率についても表示金利ではなく、手数料を勘案した実質利回りの計算をしておくことが必要になる。

特約付きなど新型商品についてはリスクとリターンが見合っていないケースもあります。一般の預金とは線引きしで慨重に考えるべき金融商品。

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項