デベロッパーの倒産

カードローン低金利
カードローン > マネー > デベロッパーの倒産

デベロッパーの倒産

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


デベロッパーの倒産

マンションの市場動向は首都圏マンション発売戸数は前年比割れが続いており、減少は1年連続で1996年10月以来の大幅減である。

マンションの価格上昇もあり、1戸当たりの価格平均5309万円で、0.08%上昇している。平均年収を700万円であれば、平均価格はその7.6倍という数字になり、マンション購入可能の倍率、一般的な5倍を大きく上回っているのです。

売れ残りも困るのであって、マンションの値下げ販売攻勢が今後多くなる可能性があるが
値下げ販バイは今のところ、デベロッパーと私たち消費者の個別による対応が大半であって、大幅な値下げによるマンション販売はデベロッパーの資金体力が強くないと難しく、体力のあるデベロッパーでさえ、自分の首を絞める値下げ販売には消極的という。

バブル崩壊で住宅ローンの融資基準は緩和され、確かに借りやすくなりました。

日本経済の要でもある、金融と不動産、建設の3業界が低迷の一途をたどると国自体がやせ細ってしまいかねない、よって家・マンションを購入させ日本経済を立て直そうとしていた。

しかし、この時世、収入なんか全然あがらない

住宅でも車でも、現金で買うよりも高くなる

マンションを購入する際のポイント
低金利のときは固定金利・高金利のときは変動金利を選択するのがよい。
公庫は固定金利しか選べないが、民間のローンであれば選択が可能。
超低金利の場合は貯蓄より繰り上げ償還した方が、100万を繰り上げ償還すると50万近く金利負担が減る場合もある。

しかし購入しようと考えている、マンションの販売デベロッパーの体力もしっかりと確認しておきたい

最近デベロッパーの倒産が増えており、銀行がデベロッパーに対する貸出姿勢がバブル時代の総量規制並みに厳しくなっており、倒産では、値下げ販売が引き金になったケースもある。


インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク

スポンサードリンク




(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項