金の意味

カードローン低金利

金とは

カードローン > マネー > 金とは
目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


金・マネー・お金

金とはいったいどういう意味で、その語源は何なのでしょうか。
金の原子記号、Auはラテン語のaurumの最初の二文字をとったものといわれています。

aurumはヘブライ語の光を意味するOr、もしくは赤色を意味するausからきたとされています。いわば、光、赤色というわけで、金色とはちょっと意味合いが異なるようです。

また、英語とドイツ語のGOLDはいずれもサンスクリット語の輝くものという意味で、こちらの方が感じとしては金に近いように思われます。

日本では古来、黄金と書き、「おうごん」とか「こがね」とか呼ばれていました。「おおごん」というと、なにか堅いイメLンですが、「こがね」というと、「こがねのように波打つ稲穂」といった表現もあるほどで、柔らかな感じがします。もともと、金は単体では極めてやわらかい金
属ですので、語感としては「こがね」というのが一番、ぴったりな感じがします。

一口メモ
お金がどうにもならないと思っていても利息を計算した結果、債務を圧縮できるケースがあり自己破産を回避できることも少なくないです。すでに完済している会社につきましても、払い過ぎの利息いわゆるグレーゾーン金利があれば取り戻すことができる場合があります。

インフレに強い
愚者の金
金本位制
金利
国債のリスク

不動産投資
マンション建て替えるお金
住宅購入と老後準備
不動産投資
不動産投資 利回りで融資

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項