金の話 大仏

カードローン低金利

金の話 金がない

カードローン > マネー > 大仏に金
目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
みずほ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


奈良の大仏

七四九年二月二四日、聖武天皇の下にうれしい知らせが届きました。「陸奥国小田郡(現在の宮城県遠田郡)から金が出た」というものです。

当時、奈良では国家の総力をあげ、東大寺の大仏を建設していましたが、表面に塗る金が少なく、天皇をはじめ関係者は頭を痛めていました。その中での「金が出た」という吉報だけにまさに、神ならぬ仏の助けと感じたかもしれません。

事実、聖武天皇は喜びのあまり、年号を「天平感宝」と変えたといまに伝えられています。

東大寺の大仏は七五二年に完成しましたが、高さ一六メートル余のこの大仏に使われた全は四一八七両一分二珠(五八・五キログラム)と推定されています。

金の使用量は意外に少ない感じですが、それでも陸奥の国から出た金は九百両だったといわれているのでせいぜい、全体の四分の一程度をまかなえたに過ぎません。残りの金はどこから集めたか。それはいまもはっきりしません。

お得なキャッシュバック
キャッシュバック王

インフレに強い
金投資 比較
愚者の金
金本位制
金利
国債のリスク

不動産投資
マンション建て替えるお金
住宅購入と老後準備
不動産投資
不動産投資 利回りで融資

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項