マイホーム借上げ制度

カードローン低金利
カードローン > マネー > 借上げ制度

マイホーム借上げ制度

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


長寿化時代に生きるシニアのための住宅問題解法

団塊世代の持家の約70%が築20年を迎えるという中、定年後の生活に向け新しい住まいをお考えの方が増えています。

田舎や都心あるいは海外など、どんな環境に住みかえるのか。
また住みつづけるという場合でも、リフォーム・建て替え・二世帯住宅・賃貸併用住宅など選択肢は様々です。 住みかえを選ぶ方にとって便利な制度が近年できました。

「マイホーム借上げ制度」です。
移住・住みかえ支援機構が50歳以上のシニアを対象に制定。

これは、シニアの持家を借上げて転貸し賃料収入を保証
するという制度で、これにより売却することなく住みかえの資金に活用できるようになりまし
た。

例えば「定年後しばらくは都心に移り住みたいが、いずれは郊外の持家に戻りたい」といっ
たケースもあります。

不思議なことに家は人が住まないと荒れていくものですから、再び住むときまで転貸するのは良い方法だと思います。老後資金計画の一案になります。

二世帯住宅の人気は現在やや下火のようですが、一方でリフオームの人気は高いです。

その利点は、依頼者の希望が明確なので新築時より満足のいく結果が得やすいこと。ただし確認・検査制度はなく適正価格がわからないため、業者選びに関してはクチコミに頼るという不安な点もあります。

賃貸併用住宅は、家賃収入によって建築費負担を軽減し生活費に充てられるということでこちらも近年人気が高まっています。当然、立地が良くなければ入居は望めません。敷地面積が充分にあるだけで決断を急がず、しっかり需要を見定めましょう。

8万時問のライフワーク

私たちが80歳まで元気に過ごせるとしたとき、60歳定年まで仕事に費やす40年間

40年間×240日(週休2日)×8.5時間労働ニ=81,600時間の「仕事人生」。

と、定年から私的に過ごす20年間

20年間×365日×11時間活動=80,300時間の「第二の人生」

そのどちらにも8万時間という、およその時間が当てはまることをご存知でしょうか。

余生と見られがちな第二の人生ですが、実のところ仕事人生と同じだけの時間をもっていま
す。これからの住まいの選択判断を支えるのは、この膨大な時間を活かすライフワークです。ぜひともアクティブな人生設計をなさってください。

お得なキャッシュバック
キャッシュバック王

インフレに強い
金投資 比較
愚者の金
金本位制
金利
国債のリスク

不動産投資
マンション建て替えるお金
住宅購入と老後準備
不動産投資
不動産投資 利回りで融資

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項