不動産投資

カードローン低金利
カードローン > マネー > 不動産投資

不動産投資

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


不動産投資は、物件取得から売却まで、トータルな収益を追求できる資産運用のひとつです。

比較的安定した収入が得られるなどの利点から、様々な経済不安が騒がれる昨今では私的年金確保の一手段として身近なものになってきているようです。

不動産投資は、賃料収入でインカムケインを確保します。

また物件によっては、売却時に値上がリ益を期待できることももあります。

売却価格がゼロになることなどは極めて稀ですから、その意味では、長期投資のミドルリスク・ミドルリターン商品という位置づけになると思います。

不動産投資に限らず、資産の運用は分散投資が基本です。

片寄らないように気をつけなければいけません

物件取得が不動産投資の「入口」ならば、「出□」(売却)のビジョンも必要です。

少なくとも10年くらいは所有することになる長期投資ですから、予算の条件だけでなく自分の年齢・ライフプランを考慮することも大事になってきます。従って、購入の時点から投資終了の目処を立てておくことが必要です。

建てかえの際に売却するのか、価値が高いうちに売却するのか、出口は人それぞれですが、実際あまり考えていないという人は多いようです。

望ましいのは、専門家に限らず、投資の成功者の方から一般論にとどまらない様々な情報を収集するところからはじめることで、最終判断は自分で決めなければいけません

不動産投資も、他の運用商品と同様、リスクとリターンがあります。

物件の立地条件や間取りはもちろん、家賃その他の費用、価格、耐震基準を踏まえた築年数、さらには管理組合の状況なども無視できません。不動産投資特有のリスクを整理して把握しておくことが大切です

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項