金本位制

カードローン低金利
カードローン > マネー > ゴールドの資産

ゴールドの資産

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


金本位制

紙幣の発行量を金(ゴールド)の保有高で決める
こんなシステムが以前では取られていました。経済学では金本位制と呼ばれています。

金本位制というシステムをとると

貿易収支が赤字になる

通貨の発行量が減る

国内の景気が悪くなり、物が売れなくなり価格が下がる

競争力が強まって輸出が増える

国内の景気がよくなる

という具合に経済がうまく運営されたからです。


世界の中で一番早い段階で金本位制をとったのはイギリスで1816年。

紙幣の発行量をゴールドの保有高で決める

金本位制は

その後、各国がこの制度を採用し、一時、主要国はほとんどがこの制度になりました。当時は貿易の最終決済は金(ゴールド)で行っており、この制度・システムがうまく機能致しました。しかし現在の社会において金の量で通貨の発行量を決めると、経済の成長に通貨の供給がついて行けず、経済発展の妨げになるとの見方が多いため、金本位制を実施している国は全くもってありません。

しかし、現在のような世界恐慌時代や過去においても、時折、金本位制の復活させてはどうか?という話が出てくる傾向になり、それから考えると、金(ゴールド)は経済において、常に大きなインパクトをもっているといえます。

プラチナが半値に下落しました。車の需要が落ち込んだ事で利用価値が下がったということでしょうか、買い時かもしれないですね

インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク
即日融資


(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項