不動産投資は融資リスク

カードローン低金利
カードローン > マネー > ライフプランに合わせた不動産投資

ライフプランに合わせた不動産投資

目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


私的年金としての不動産投資

不動産投資は物件取得から売却までトータルな収益を追及できる資産運用のひとつ

比較的安定した収入が得られるなどの利点から、様々な経済不安が騒がれる日々、私的年金確保の一手段として身近なものになってきています。

不動産投資は賃料収入でインカムゲインを確保します。
また物件によっては、売却時に値上がり益を期待できることもあります。

売却価格がゼロになることなどはきわめて稀なケースで、不動産投資は長期投資のミドルリスク・ミドルリターンという位置づけになります。

物件取得が不動産投資の入り口があるならば
売却のビジョンも考えます

少なくとも10年くらいは所有することになる長期投資の場合
予算の条件だけではなく
自分の年齢・ライフプランを考慮することも大切です。

購入の時点から投資終了の目処をたて、建てかえの際に売却するのか、高いうちに売却するのかを考えておくのが重要です。

投資の成功者から一般論にとどまらない貴重な情報を収集するのがよいかもしれません

不動産投資も、リスクとリターンがあります。物件の立地条件や間取りはもちろん、家賃そのほかの費用、価格、耐震基準を踏まえた築年数、管理組合の状況なども無視できませんので把握しておくのが重要です。

土地神話

コンクリートの原価は1立方メートルで1万円、1住戸に使用されるコンクリートの原価は50〜60万、そんなもので3000万ぐらいのマンション販売価格になる

マンション販売価格には営業費や広告宣伝費、モデルルームの維持費がかなり含まれているので、マンションの実質的価値とはまったく関係のないものであって、不動産投資にマンションはあまり向かない、居住するためのものと考えた方がよいので素人財テクにはむかない投資

インフレに強い
金投資 比較
国債のリスク


(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項