イコカカード

カードローン低金利

ICOCA(イコカカード)

カードローン > マネー >ICOCA(イコカカード)
目的・状況で借りる
即日融資
主婦でも借りれる
30日無利息
お金
低金利ローン
おまとめローン
パートでも借りれる
派遣社員でも借りれる
フリーターでも借りれる
土日祝日でも借りれる

家マーク住宅ローン 比較

お金
モビット 評判
オリックスクレジット 評判
プロミス 評判
アコム 評判
三菱東京UFJ銀行 評判
楽天銀行 評判
レイク 評判

お金・マネーの知識
金投資 比較
不動産投資
キャッシュバック

審査基準
カードローン審査が通らない
借金相談119番


ICOCA(イコカ)

プリペイド型 マネー 比較

お金が貯まる!お得なカードの使い方って? お得なカード

関東全域に先駆けた相互運用で、1枚あれば、どの鉄道にも乗れちゃいます!

発行枚数 267万枚
加盟店数 170店舗


ICOCA(イコカ)はJR西日本が開発し、じしゃ線専用として導入した、非接触型ICカードシステムによる乗車カードです。他の電子マネーと同様にFeliCa (フェリカ)が使われています。

JR西日本で使用している定期券やJスルーカードをICカード化にしたもので、大変便利な機能をたくさん持っているのが特徴です。

ICOCA定期券とICOCAの2タイプ。

事前にチャージ(入金)した金額分だけ使えるタイプのプリペイド型電子マネーですが、JR西日本が発行するクレジットカード
J-WEST CARD会員のみの方が利用できるSMART ICOCAは後払いが可能なポストペイ型電子マネーとしても利用できます。

JR東日本
スルッと、かんさいエリアでも利用可能

相互利用により以下のエリアでもICOCA(イコカ)が利用可能。

ICOCA(イコカ) SMART ICOCA(イコカ) Suica(スイカ)PiTaPa(ピタパ)エリア

こどもICOCA(イコカ)→PiTaPa(ピタパ)エリアのみ

Suica(スイカ)はJR東日本の電子マネーサービス
PiTaPa(ピタパ)はスルッと関西(関西私鉄ネットワークの事)の電子マネーサービス

私鉄でも使用可能のりべんせいはJR東日本のSuica(スイカ)を上回ります。
他にもSuica(スイカ)にはない利便性があり、完成度の高い電子マネーと評価されています。

チャージ(入金)
自動券売機か入金機で行います。

チャージ(入金)できる金額の上限は20000円になります
利用には500円のデポジット(保証金・預かり金)が必要

ピタッとタッチしてパッと通ってはな行こか

ICOCAで行こかのキャッチフレーズで、関西圏ではすっかりお馴染みの「ICOCA」は、JR西日本が展開する非接触ICカード。そして「PITaPa」は、株式会社スルッとKANSAIによる非接触ICカード。

どちらも鉄道運賃の支払いを主目的とする電子マネーーであり、ICOCAはJR西日本の京阪神エリアの駅で、PITaPaはJRを除く近畿地方の主な私鉄・バスで利用できる。

ICOCAの基本的な機能

1円でもチャージされていれば列車に乗れる(降車時にはもちろん精算。Suicaはチャージ残高が最低運賃以上必要)といった細かな違いがあるものの、関東圏の「Suica」とほぼ同じ。

ICOCAは、チャージ機にお金を入れてチャージする通常のプリペイド方式に加え、クレジットカード(JR西日本のJ−WESTカードのみ)と統合

現金を入れずクレジットカードからチャージできる「SMART ICOCA」も展開。

PiTaPa(ピタパ)は、他の鉄道系の電子マネーーとは異なり、ポストペイ方式で大きな特徴があり、事前チャージ(現金)ではなく、クレジットカードのように事後に口座から引き落とされるので、チャージ残高を気にする必要性がなく、利用データは1カ月ごとに集計、利用実績によっては回数券や定期券並みの割引も受けられるメリットがあります。

他にも、利用に応じたポイントも貯められる(他のサービスとのポイント交換も可能)。

ICOCA・PiTaPaはすでに相互運用が実施されており、JR西日本の改札機もPiTaPaで問題なく通過可能。タッチした際に自動改札機が発する音は、ICOCAとPiTaPaで切り替わるようになっている。
お金の話 ほなどこいこか
インフレに強い
金投資 比較
三菱UFJが米モルガンに出資、筆頭株主
マンション建て替えるお金
デベロッパーの倒産
住宅購入と老後準備
アメリカの株式市場
国債のリスク
円高が株安に拍車
ファンド全体の騰落率
投信販売が減退 金融商品取引法
不動産投資 利回りで融資
普通株と優先株
ロシア経済 急速悪化
電子マネー会員数1億人突破

スポンサードリンク

利便性は大幅に向上
2006/1/21に2つのカードの相互運用が始まった。

ICOCAで私鉄に、またPITaPaでJRに乗れることで、

地下鉄からJRへの乗り換え等がスムーズに行えるようになり、利便性が向上、JRを利用する相乗効果が生まれた

「1枚のカードを関西圏の多くの鉄道・バスで使える利便性が非常に好評」

相互運用は鉄道のみで、店舗での電子マネーとしての相互運用は行っていない。双方の路線にまたがる定期券も設定できない。また、基本はポストペイであるPITaPaだが、JRで使用する際には別途プリペイド領域への現金チャージが必要

(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営・免責事項