金利や希望額・審査通過などトータルで考えた場合のローン

カードローン低金利 >金利・審査通過を考える 時点 融資情報
カードローン低金利を借りる時のコツ

トータルで支持されるカードローン

都銀、地銀、信金、政府系金融など、今までに付き合い(ローン)がない場合ですと、無担保で融資されるには、最短でも1か月半〜2か月程度はかかります。
詳細総合的に優れている選りすぐりの会社はこちら

金融会社に申し込みをしようと考えている方は、翌日、または
1週間後までに70万円必要など、必要な金額と期限が決まっているかと思います。


そして、できれば低金利で借りたいと思います。
しかし、金利だけを重視して会社を選んでしまうと、後に後悔するケースが多く出てきます。

利用する際に何を重視するかが重要になります。

希望額? それとも 金利?

希望額を重視するならば、金利で判断せずに
貸付残高が多い金融会社など、実績の高い企業を選ぶことが重要です。


金利だけで選ぶと、後悔する事に・・・
本当に金利が低いトコが良いとは一概にはいえません

必要な状況としては、このようなケースがあります。
子供の状態が悪くなり入院する事になり、
緊急でお金が必要となり、必要な額は43万円。

年利7.8〜18.0% の会社と
年利6.0〜12.0% の2社に申込んだところ、
年利7.8〜18.0%の会社からは必要な額の43万円の与信額が提示されましたが、
年利6.0〜12.0%の会社からは半分の20万円しか提示されませんでした。

どちらの会社を利用しますか?
このように単純に金利だけで選んでしまうと失敗してしまうケースもあります。

また、必要な金額を提示されないばかりか、1ヶ月以内に何社も一遍に申し込みをしますと申込みブラック扱いになり、融資がされないという最悪の結果になる可能性もでてきますので注意が必要です。

大口の融資であれば金利が低いということに関してはとてもメリットがありますが、すんなりと大口の融資が提示されるということはありませんので返済の実績を積み重ねることで信用を高め、増枠を狙うという方法が必要です。小口(〜100)であれば金利が低い、審査が早いといった事ではなく、多くの方に支持されている会社、トータルで優れている会社がよろしいかと思います。

詳細総合的に優れている選りすぐりの会社はこちら


(C)copyright カードローン低金利 虎の穴 all right reserved 運営